合同就職説明・面接会・職場見学申込会 適職発見フェア活用術

適職発見プロジェクトとは?

求職者と企業の出会いの場を増やし、採用ミスマッチ解消を目的とした沖縄県主催の就職促進事業(地域巡回マッチングプログラム事業)です。 適職発見プロジェクトでは、 沖縄県内5つの地域(北部・中部・南部・宮古・八重山)で、業界や地域性を考慮した就職説明・面接会「会って、話して、見学できる」適職発見フェアを計10回開催します。

適職発見プロジェクトとは
適職発見プロジェクト活用術 イベント会場の画像

適職発見フェアは「3タイプ」の就職説明・面接会

適職発見フェアでは3つのタイプの就職説明・面接会を開催します。

  • ●業界特化型

    求人・求職ニーズの高い業界に特化し開催します。「オフィスのお仕事(IT・BPO・コールセンター業界)」、「ホテル・観光のお仕事」、「福祉・介護のお仕事」の3業界あり、すべて大規模型で開催します。各業界1回、計3回開催します。
  • ●正社員特化型

    正社員募集企業との出会いの場となる「正社員特化型」。県内全域(離島含む)の正社員求人企業が参加する大規模開催と、開催エリアの正社員求人企業が参加する中規模開催があります。大規模型は年間2回、中規模型は中部地区・南部地区で各1回開催します。
  • ●地域特化型

    北部・宮古・八重山で開催。参加企業はすべて地元企業です。堅苦しくない雰囲気で、地元で働きたい求職者と地域の求人企業との出会いの場を形成します。各地域1回ずつ開催します。
適職発見プロジェクト
  • 参加企業はすべて
    未経験から正社員を
    目指せる求人

    応募前の職場見学OKの企業

  • 当日面接できる企業もあります

    応募や見学の申込だけでもOK
  • 豊富な参加者支援・
    就職促進コンテンツ

    活用説明会や参加者サポートコーナー、履歴書セットのプレゼントなど!大規模開催では履歴書用写真撮影サービスもあります。

適職発見フェア 当日のスケジュール

適職発見フェアのスケジュールをタイプ別に見ていきましょう。会場では企業から直接説明を聞くことができるだけでなく、見学・応募申込や面接ができる企業もあります。下記3タイプで開催時間や説明タイムスケジュールが異なりますので事前しっかりチェックしておくと、当日スムーズに動くことができます。

「業界特化型&正社員全域」当日スケジュール

13:00~随時
受付カード記入
受付カードは複写式です。
・1枚目を受付スタッフへ
・2枚目からは着席する企業担当者へ

受付カードの2枚目からは
「企業訪問カード」として、
あなたの名刺代わりになります。

※必須項目はもれなく丁寧に

※1社1枚でOK

※足りなくなったら受付スタッフへ声掛けを

13:30~13:50
活用説明会
適職発見フェアの効果的な回り方、職場見学のメリットなどを専属キャリアカウンセラーが分かりやすく解説
14:00~15:50
第1部
企業説明タイム

企業訪問カードを1枚切り離して提出しましょう

  • 優先順位をつけて効率よく

    企業説明タイムとコミュニケーションタイムをうまく使えば、4社以上の企業と接触できます。

    「どの企業を」「どの順番で」回るか計画して効率良く情報収集をしましょう。

  • 満席なら空いてる企業へ

    希望企業が満席でも、次のラウンドで座れるチャンスも。先に別の企業ブースで話を聞いておけば、時間を有効に使えます。「この企業も思ってたより良さそう!」など、思わぬ効果も。

  • 求人票ページを活用しよう

    企業ブースでは、その企業の求人票ページを開いて説明を聞きながら確認することで、より理解しやすくなります。メモ欄もあるので「気づいたこと」「質問に答えてくれたこと」なども書き込んでOK!

16:00~17:00(フリータイム)
第2部コミュニケーションタイム
第1部と異なり時間の区切りがないので自由にいろんなブースを回ろう
コミュニケーションタイム 3つのポイント

コミュニケーションタイムを
活用した参加者の声♪

※H28年度参加者アンケートより抜粋

  • ○企業説明タイムで回れなかった企業を回ることができた。
  • ○書面では分からない企業の“カラー”や、担当者の本音を知ることができた。
  • ○説明タイムの時に聞けなかったことが聞けて、職場見学の申込もできた。
  • ●当日面接について

    当日会場内で面接できる企業もあります。求人票の【フェア当日】欄に(面接可能)とあったらその場で面接してもらえるケースもあります。
    ※企業によっては第1部の企業説明タイム中も随時面接できる場合も。企業担当者に確認を。

  • ●職場見学について

    職場見学の申込・実施については、企業担当者と直接やり取りを。日時や見学内容などの詳細も、企業担当者へ確認してください。

    ※職場見学は求人企業と見学者双方の責任において実施するものとします

ジョブたん 職場見学のメリットの紹介はコチラ

TOPへ戻る

「正社員特化型(南部・中部)」当日スケジュール

13:00~随時
受付カード記入
受付カードは複写式です。
・1枚目を受付スタッフへ
・2枚目からは着席する企業担当者へ

受付カードの2枚目からは
「企業訪問カード」として、
あなたの名刺代わりになります。

※必須項目はもれなく丁寧に

※1社1枚でOK

※足りなくなったら受付スタッフへ声掛けを

13:30~13:50
活用説明会
適職発見フェアの効果的な回り方、職場見学のメリットなどを専属キャリアカウンセラーが分かりやすく解説
14:00~15:20
第1部
企業説明タイム

企業訪問カードを1枚切り離して提出しましょう

  • 優先順位をつけて効率よく

    企業説明タイムとコミュニケーションタイムをうまく使えば、4社以上の企業と接触できます。

    「どの企業を」「どの順番で」回るか計画して効率良く情報収集をしましょう。

  • 満席なら空いてる企業へ

    希望企業が満席でも、次のラウンドで座れるチャンスも。先に別の企業ブースで話を聞いておけば、時間を有効に使えます。「この企業も思ってたより良さそう!」など、思わぬ効果も。

  • 求人票ページを活用しよう

    企業ブースでは、その企業の求人票ページを開いて説明を聞きながら確認することで、より理解しやすくなります。メモ欄もあるので「気づいたこと」「質問に答えてくれたこと」なども書き込んでOK!

15:30~16:00(フリータイム)
第2部コミュニケーションタイム
第1部と異なり時間の区切りがないので自由にいろんなブースを回ろう
コミュニケーションタイム 3つのポイント

コミュニケーションタイムを
活用した参加者の声♪

※H28年度参加者アンケートより抜粋

  • ○企業説明タイムで回れなかった企業を回ることができた。
  • ○書面では分からない企業の“カラー”や、担当者の本音を知ることができた。
  • ○説明タイムの時に聞けなかったことが聞けて、職場見学の申込もできた。
  • ●当日面接について

    当日会場内で面接できる企業もあります。求人票の【フェア当日】欄に(面接可能)とあったらその場で面接してもらえるケースもあります。
    ※企業によっては第1部の企業説明タイム中も随時面接できる場合も。企業担当者に確認を。

  • ●職場見学について

    職場見学の申込・実施については、企業担当者と直接やり取りを。日時や見学内容などの詳細も、企業担当者へ確認してください。

    ※職場見学は求人企業と見学者双方の責任において実施するものとします

ジョブたん 職場見学のメリットの紹介はコチラ

TOPへ戻る

「地域特化型」当日スケジュール

13:00~随時
受付カード記入
受付カードは複写式です。
・1枚目を受付スタッフへ
・2枚目からは着席する企業担当者へ

受付カードの2枚目からは
「企業訪問カード」として、
あなたの名刺代わりになります。

※必須項目はもれなく丁寧に

※1社1枚でOK

※足りなくなったら受付スタッフへ声掛けを

13:30~13:50
活用説明会
適職発見フェアの効果的な回り方、職場見学のメリットなどを専属キャリアカウンセラーが分かりやすく解説
14:00~16:00
企業説明&
コミュニケーションタイム

堅苦しくない雰囲気で企業と
コミュニケーションを取れる時間

話を聞いてみたい企業のブースに自由に着席して企業概要や仕事内容の説明を受けたり気になることを質問しよう。
少しでも興味が湧いたら職場見学や応募申込を。企業によってはその場で面接できる場合もあります。
2ステップで応募前の不安解消
  • 訪問したい企業をピックアップして効率良く

    気になる企業プラス1~2社をピックアップしておけば、希望のブースの席が埋まっていても先に他のブースへ着席するなど、効率良く回れます。

  • 求人票ページを活用しよう

    企業ブースでは、その企業の求人票ページを開いて説明を聞きながら確認することで、より理解しやすくなります。メモ欄もあるので「気づいたこと」「質問に答えてくれたこと」なども書き込んでOK!

  • 聞き比べて判断材料を増やそう

    希望企業と同じような業種・職種の企業からも話を聞いてみましょう。 聞き比べることで違いを理解でき、志望動機を固める材料になります。「この企業も良さそう」など、思わぬ出会いも!

  • 着席したいブースが
    他の参加者と話し込んで
    いて行きづらい…

    離れた場所で席が空くのを待っていても、企業担当者には待っている人がいることは分かりません。ブースの側で待つ、タイミングをみて「私も着席していいでしょうか」と話しかけるなどアピールを。

  • 同じブースに
    もう一度着席しても
    いいの?

    一度説明を受けていても「もっとくわしく知りたい」「質問したい」など、再訪問は大歓迎!気になる事を直接確認できるチャンスです。積極的にブース訪問しましょう。

    ※再訪問の企業に訪問カード提出は不要です。
  • 「応募しようかな」
    「見学してみたいな」
    そんな時は?

    気持ちが固まったらぜひ応募申し込みを!ちょっとでも興味が湧いたなら職場見学の申し込みをしてみましょう。企業によってはその場で面接できる場合もあります。

参加者の声♪

※H28年度参加者アンケートより抜粋

  • ○仕事内容や必要としている人数等聞くことができた
  • ○話をすることで、自分にできるかできないか、少しですが判断材料になった
  • ○会社の見学予約が出来た ○その場で面接ができた
  • ●当日面接について

    当日会場内で面接できる企業もあります。求人票の【フェア当日】欄に(面接可能)とあったらその場で面接してもらえるケースもあります。 ※企業によっては第1部の企業説明タイム中も随時面接できる場合も。企業担当者に確認を。

  • ●職場見学について

    職場見学の申込・実施については、企業担当者と直接やり取りを。日時や見学内容などの詳細も、企業担当者へ確認してください。

    ※職場見学は求人企業と見学者双方の責任において実施するものとします

ジョブたん 職場見学のメリットの紹介はコチラ

TOPへ戻る


【沖縄県委託事業】平成29年度 地域巡回マッチングプログラム事業に関する申込・お問合せは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
適職発見プロジェクト事務局
TEL:098-860-8900 FAX:098-862-2630

平日/9:00~18:00(土日祝日、年末年始は休み) 〒900-0005 沖縄県那覇市天久1044-2 (株式会社求人おきなわ内)