【オンライン版】求職者セミナー

地域巡回マッチングプログラム事業では、「会える、見つかる、良くわかる」適職発見フェア(就職説明・面接会)を計5回開催します。この適職発見フェアに加え、ホームページ上では「適職発見フェアの活用術」の他、就活力アップをサポートする各種テーマのオンラインセミナーを公開しています。
是非ご興味のあるセミナーをクリックしご覧ください。

適職発見プロジェクトについて

働く時のルールについて

就職成功を目指す3ステップ

『WEB面接』入門編

はじめてWEB面接をする際の注意点

WEB面接は最近普及しはじめた面接手法で、特に新型コロナウイルス感染症の影響により導入する企業がぐっと増えてきました。
重要なのは、事前の準備をしっかりしておくことと、マナーを守ってWEB面接に臨むことです。慣れないWEB面接で『本来のパフォーマンスを発揮することができなかった・・・』とならない為にも、初めてWEB面接を受ける人に向けて知っておきたいポイントをご紹介します。

WEB面接(オンライン面接)と対面面接の違い

面接に必要な「服装、髪型、言葉遣い、質問内容」はどちらの場合でも変わりません。
「人は見た目が9 割」の根拠とされることもある『メラビアンの法則』がWEB面接のシーンにも当てはまります。
WEB面接の場合も身だしなみや態度といった見た目や声の印象を大切にし、表情やボディランゲージといった非言語コミュニケーションで相手に好意や意欲を伝えられるよう分かりやすくはっきり・ゆっくりと話すことに気を付けて” 伝わるコミュニケーション” を意識して臨みましょう。

WEB面接の主な注意点

まずインターネット環境が安定した場所を選ぶことが大切です!
通信速度や接続環境などを確認し、途切れる心配のないWi-Fi環境や有線LAN ケーブルがある場所で面接を行いましょう。

そして周囲の騒音・雑音に配慮しましょう!
WEB面接を受ける際、周りの人や声など環境が気になってしまう場所は避けた方がいいでしょう。出来るだけ周りを気にする必要が最小限にできる場所(自宅など)を選び、もし自分の部屋で面接をする際には背景にも気を配り、壁やカーテンを背にするなど画面の写り込みにも注意しましょう。

パソコンやスマホでは音声がしっかりとひろえない場合もあるので、マイク付きのイヤホンがあると便利です。イヤホンを付けたほうが声もよりクリアに聞こえます。
※マイクを搭載していないパソコンを使用する場合には、用意が必要です。

いざ面接を開始しようとした時に、正常に動作しなかったり、途中で何らかのトラブルにより面接が中断されてしまうことも!不測の事態に備えWEB面接の応募申込の際にトラブル時の連絡方法を企業に確認しておくと安心です。

WEB面接をはじめる直前の確認点

●実際に映像を映して確認しましょう!
スマホやタブレットを使用する場合は手持ちで面接をするのではなく、使用する端末を固定してください。またパソコンを使用する場合でもカメラを顔の高さに合わせ、実際に映像を映して確認しましょう。

●充電を確認しましょう!
説明の途中で電源が切れてしまうことを防ぐためにも、スマホ・タブレットはフル充電しておきましょう。PCは電源をつないだままの参加を推奨します。

WEB面接本番のヒント

●面接5分前には画面の前に座りましょう!
対面式の面接で約束の時間の少し前に面接場所へ到着するのと同じように、WEB面接でも約束の時間の5分前には画面の前に座り、音声や画面のテストなどの準備を済ませておきましょう。
また面接は緊張がつきものですので、余裕を持って面接に臨める状態にするためにも、5分前には画面の前に座りましょう。

●挨拶の重要性を意識して、はじめと終わりの挨拶を丁寧に!
笑顔でハキハキと明るい挨拶が第一印象を決めるといっても過言ではありません。第一印象が良いとその後の企業からの質問対応や自己PRなどをスムーズに進めやすくなるはず!普段よりワントーン声を上げて、一語一語をハキハキと話すようにしましょう。
またビデオ通話をしているとタイムラグが生じることがあります。更に緊張すると声が小さくなりがちなので、普段より大きめに落ち着いて話すことを心がけてください。

●視線にも気を配ると印象もUP!
WEB 面接の最中は、画面の中央で肩まで写る程度の距離をキープし、視線はWEB カメラのレンズを見ながら話すように心がけましょう。
そして最後の挨拶が終わってもまだ面接官に自分の姿が見えている場合もあるので、画面が消えるまでは表情について最後まで気を抜かず、また最後は時間を割いて面接をしてもらったことに対して丁寧にお礼を伝えましょう。

最後に

社会経験もあり従来の対面形式の面接なら何度も受けたことがあるという人でも、WEB面接は勝手がわからず、いざ本番で焦ってしまうかもしれません。
慣れないWEB 面接のシーンで、自分がアピールしたい事の半分も伝えられなかったとならない為にも事前の準備と、どんな状況になっても落ち着いて冷静に対処することが大切です。
直前で「音声が聞こえない」「画面がきちんと映らない」といったことで焦らないためにも、予め顔の映り方や音声や通信状態などを確認しておくこと、そして可能なら友人や家族とWEB面接の練習をしてみて、アドバイスを受けておくことをお勧めします。

WEB面接でも印象UPでしっかりPR♪