『WEB面接』導入編『~はじめてWEB面接を導入する際のポイント~』

新型コロナウイルス感染症の発生より、従来通りの対面式の採用活動がままならない状況になっています。
外出にも制限がかかる中、一部企業ではすでに導入されていた「WEB面接」が普及し、今後多くの企業で用いられることが予測されます。
まずはじめに「応募者をWEB面接で判断・評価できるのか」「求職者をWEB面接で見極める事ができるのか」といった不安・疑問をメリット・デメリットとしてそれぞれを洗い出し、比較検討してみましょう。
また導入する場合でも、すべての選考をWEB(オンライン)で完結するのではなく、『一次面接(初期面接)』をWEBで行い、『最終面接』を対面式にするなど、対面・非対面のそれぞれの良さを活かして自社にあった採用方法へと工夫してみましょう。

企業向けWEB面接
 

導入するメリット

新型コロナウイルス感染の心配がない=企業イメージのアップ

気になる企業があってもコロナ感染症が心配で面接に行く事に抵抗を感じる求職者もいる事を想定すると
WEB面接は企業にとってもウィルスを持ち込まない対策にもなり、双方にとって安心な手段です。
現在の状況を考えると、感染症に対する対策をしっかり行っている企業としてPR材料にもなるはずです!

採用にかかるコスト削減

WEB面接では「面接会場の確保」や「面接を行う担当者の会場への移動」などが不要となり、
自社内で行える点で会場費用や交通費などがなくなり、ひいては移動時間のロスもすべてなくなります。

応募数UPにも期待ができる

対面式の面接と比べ″時間や場所の制約”が少なくなるWEB面接には、より多くの応募者を集め、欲しい人材を採用する効果もあります。
特にIターン・Uターンの就職活動は、交通費の負担が大きいことを理由に応募を諦めてしまったり、辞退してしまうことも。
Iターン・Uターンの就職希望者にとっては「WEB面接を行っていること」が選社のきっかけになり、応募へ結びつくこともあるはずです!
また、転職希望者が面接の時間を取りやすくなるので、中途採用を強化できる点もポイントです。
転職希望の場合、在職中に休みをとって面接を行うため、応募する企業数など就職活動が限られてしまいます。
その点WEB面接だと、応募者が面接会場まで移動しなくてよい(移動時間を削減できる)、
在職中でもスキマ時間で面接を受けられるといった面で、応募するハードルが低くなります。

採用プロセスを高速化できる

WEB面接には、従来に比べて面接までの工程が短くなる側面もあります。
会場予約も不要となり、面接官のスケジュール調整が整えばすぐに面接ができるため応募を受けてから選考結果までを最速化できます。
面接までの日数を短縮することで、実際に面接を受ける応募者も増える効果にも期待ができます!

導入のデメリット

表情や雰囲気が伝わりにくい

WEB面接は対面式の面接と比べて、表情や雰囲気が伝わりにくい点があります。
画面越しと、実際に対面したときとの印象が違うなど、WEB面接時の雰囲気だけで選考してしまわないなどの工夫が必要です。
対面式で重視していた全身の姿やしぐさ、表情などから評価していた要素が、どれくらい自社の選考で重要なのかを整理しておくとよいでしょう。
また、慣れないWEB面接で自己アピールが上手くできないなど本来のパフォーマンスを発揮することができず
本来フィットするはずの人材を不採用にしてしまうケースも予想されます。
コミュニケーションの難易度やミスマッチリスクなどを想定し、採用フローを構築することをお勧めします。

求職者にWEB面接システムの説明が必要

WEB面接をスムーズに実施するには、求職者だけでなく面接官もオンラインでの面接に慣れている人・サービスについて理解している必要があります。
もし求職者がシステムを使うのが苦手だった場合、面接官がフォローする場面が多くなる可能性があります。
更に面接はプライバシーに関わる情報を多く含むため、セキュリティに対する意識も求められます。

ネット環境が悪いと面接できない

求職者側のネット環境が良くないと画面や音声が途切れてしまうなど、
面接中でもトラブルが発生する可能性もあります。
双方のネット環境がきちんと整備されていなければならないため、面接途中で中断した場合の対処方法なども予め決めて置くなど、相手とコミュニケーションをしっかりと取るためにも環境確認は重要なポイントです。

【WEB面接をはじめる際は・・・】

WEB面接に最低限必要なものとして
(1)WEB会議システム(Zoom・Skypeなどのツール選び)
(2)WEBカメラ&マイクを内蔵したパソコン・タブレット・スマートフォン
(3)インターネット通信環境(Wi-Fi、光回線)
その他には、イヤホンとマイクが一体化したヘッドセットなどの機材を準備することもお勧めです。

最後に

インターネット環境さえ整っていればどこでも面接できる「WEB面接」。
求職者は面接会場まで足を運ぶ必要がなく、また多くの面接の機会を設けやすくなり、面接担当者にとっても合理的な面接手法として注目されています。
導入をするまでに検討すべき事はありますが、「面接は対面で行なうもの」といった従来の方法が変化の時を迎えている今、一度環境を構築してしまえば様々なメリットがあるかもしれません!
より効率的な採用活動のひとつとして、これからWEB面接を採用手法の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

企業向けWEB面接

【沖縄県委託事業】令和2年度 地域巡回マッチングプログラム事業に関する申込・お問合せは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
適職発見プロジェクト事務局
TEL:098-860-8900 FAX:098-864-5552

平日/9:00~18:00(土日祝日、年末年始は休み) 〒900-0005 沖縄県那覇市天久1044-2 (株式会社求人おきなわ内)